loading

教育プログラム開発

Service
for
Businesse

指導者の人物像に基づき職業教育プログラムを開発

学校や企業・団体が目指す、育成する人物像に基づき、効果的で体系立った教育プログラムを独自のノウハウに基づき開発します。

カリキュラム開発

写真

教育の質の根幹を担うカリキュラム開発

カリキュラム開発では、人物像を定めるなど、教育目標の議論を深めた後、決められた枠組みの中で、効果的に教育目標を達成するために必要な教育内容を時系列的統制と内容の広がりや深さを検討した上で、系統だてて設置します。

当社は、運動指導者の育成分野において、職業実践的な専門人材を育成するための教育カリキュラム開発の支援を得意としています。

主な開発ステップ

  • 目的・目標
    の共有

  • 開発計画
    の立案

  • 市場調査

  • 学習者
    調査

  • 教育目標設定
    (人物像設定)

  • カリキュラム
    開発

  • レビュー・
    調整

  • 納品

シラバス開発

写真

教育結果や効率を大きく左右するシラバス開発

シラバス開発では、カリキュラムのコンセプトに基づき、時間や週数の条件に合わせ、必要な学習内容を精査し、効果的に学習が進むようよう科目間の連携を十分に活かしながら体系的に設計します。

育成する人物像を目指して、科目間の縦横を連携させながら学習を積み上げていく形のシラバス設計を得意とし、お勧めしています。

コマシラバス開発

人材育成ノウハウが凝縮されたコマシラバス開発

コマシラバス開発では、シラバスの項目に基づき、学習者に提供べき細かな内容を定義していきます。職業実践的な質の高いシラバス、コマシラバスを開発するためには、数多くの教育経験が必要となります。当社では、社内外の教育経験から、育成した人材が実際の現場でどのように能力を発揮しているかを数多く検証し、ノウハウを蓄積しています。そのノウハウによって学習内容の要不要を見定め、コマシラバスに反映していきます。

授業運営のスキーム開発

写真

マネジメント力を高めるための授業運営のスキーム開発

授業運営のスキーム開発では、開発したカリキュラムやシラバス、コマシラバスが意図通り効果を発揮するよう、実際の授業運営の仕方や授業の進捗、科目間の繋がりを管理する方法などを設計します。

動きはじめた授業をしっかりとマネジメントすることで、学習者に狙い通りの授業が提供される確率を高めます。また、問題が生じた際も速やかにボトルネックを特定でき、早期改善を可能とします。